違法性はないのか|医薬品専用の通販サービスを使ってレボリューションを購入しよう

違法性はないのか

医師の診察のイメージ

個人輸入代行サービスを利用してレボリューションを購入するというのはたいへん手軽で便利なのですが、そもそも医薬品をネット上で注文することは許された行為なのでしょうか。

処方箋医薬品を購入するためには、医師が出す処方箋がなければいけません。
しかし、ネット上で注文する個人輸入代行サービスの場合、病院へは通わないことから、当然処方箋をもらうこともありません。
そのため、このサービスそのものを違法なモノだと考えている人も少なくありません。

処方箋医薬品の購入に処方箋が必要、というのはあくまでも日本国内でのルールです。
海外には海外のルールがあるため、日本のこのルールが適用されることはありません。
つまり、海外で行けば、日本で処方箋医薬品に指定されているモノでも、簡単に薬局などで購入できるのです。
個人輸入代行サービスで販売されている医薬品はすべて、海外から輸入された海外製の医薬品です。
そのため、購入時に日本のルールが適用されることはなく、こうして処方箋がない状態で注文してもまったく問題ないのです。
ただし、個人輸入代行サービスを利用して医薬品を購入する場合、必ず個人の利用目的のために購入しなければいけません。
個人輸入代行サービスで注文した医薬品を第三者に譲渡してしまうと、その瞬間から違法になってしまうので注意しましょう。

また、品質に関してですが、ここで取り扱っている医薬品はすべて正規品だと認められたモノで、含まれている成分や安全性がしっかり確認されています。
みなさんが用法用量さえしっかり守れば、安心安全に使用できますよ。